NEWイカメタルロッド

DAIWAからNEWイカメタルロッドが入荷しました。

エメラルダスシリーズになったイカメタルロッド、

今年の新作は3本。

そのうちAGS N65ULB SMTと、

AGS N66XULB SMTの紹介をします。

この2本には「乗せ」調子と書かれています。

スッテをシャクリ、

イカを興奮させ、

スッテをしっかりステイさせて喰わせる(乗せる)!!

こんな調子です。

それではスッテをしっかりステイさせるのに必要なロッドの要素は???

この答えとして考えたのがロッドの喰い込み、

スムーズな曲がりです。

どうしても素材の違う物を接続すると、

接続された部分が硬くなります。

それはカーボンソリッドとカーボンチューブラを接続しても同じ。

グラスソリッドとカーボンチューブラを接続しても同じ。

その接続部分の硬さがスムーズな曲がりの邪魔をしてしまいます。

ソリッド部分が綺麗に曲がってステイしていても、

イカがスッテを引っ張った時、

接続部分が硬い事で違和感を感じ離してしまう。

ソリッド部分が綺麗に曲がってステイしていても、

接続部分が硬い事で波を吸収しきれず、

スッテが動いてイカが離れてしまう。

接続部分が硬い事でこんな状況が今までありました。

それが今回のロッドでは、

N66XULBに15号のナマリを乗せてステイ、

そこからイカになった気分で、

下に引っ張ってもスムーズに入ってくれ、

止まる部分がありません!!

イカも違和感なく乗ってくれるでしょう。

そして船の揺れも吸収してくれるでしょう!!

釣れる状況がシビアになればなる程、

このロッドの性能が発揮されると思います。

次にN65ULBとN66XULBの使い分けです。

これは個人的な使い分けですが、

自分の場合殆どがN66XULBを使ってます。

柔らかいロッドが好き!!

って事もありますが、

自分の地域は中層の釣り(水深80mの場所で釣る棚が40m前後)が多いので柔らかいロッドを多用してます。

柔らかいといってもバット部分がしっかりしているのでジャンボマイカも軽々上げてくれます。

前回の釣行、

敦賀のムギイカメタルもN66XULBが良かったです。

水深は180m、

探る棚は80m〜20m、

指定のメタルスッテの重さは15号、

こんな状況でも楽々とシャクれ、スムーズな曲がりでムギイカを乗せてくれました。

N65ULBは水深が浅い場所(40m位)で底メインで釣れている時に良いと思います。

リフト&ファールで喰わすのに最高かと。

今回の新作、

良い事ばかり書きましたが悪い事もあります!!

それは価格!!!!!

2本かったら…。

小浜沖メインならN66XULBをオススメします!!(笑)

カテゴリー: 商品紹介 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です